アルミフレーム修理

アルミフレーム修理1

アルミフレーム修理2

転倒により、フレームにハンドルが挟まりハンドルバーエンドにより凹み穴あきしてしまった車輛(スーパースポーツ)のフレームサイドです。

 

今回の転倒により、凹みクラックが入ってしまった箇所の下方に、以前の転倒での凹みを埋めた修理跡がありました。

厚くパテを盛り付け塗装してた部分がポロポロと剥離して出てきました。以前の転倒時の修理は当店で修理したものではありません。

 

今回の修理を行うにあたり、前回の修理跡も同時に再修理して綺麗に仕上げます。

アルミフレーム修理3

アルミフレーム修理4

アルミフレーム修理5

クラック部分はTIG溶接で抑え、凹みにはプレートを凹みに合わせ成型し、そのプレートをフレームにダメージを与えない特殊溶接で取付、軽く面だしをして仕上げています。

ここまで、ペイと前に面を合わせれば厚いパテを盛り付ける必要がなく仕上げが出来ます。

 

このフレームは、使用用途から仕上げペイントは行わずに耐熱の黒ペイントをただ吹き付けただけの仕上げです。

それでもこの状態まで綺麗に修理が仕上がります。

 

MOTO-EXRIDE(モトエクスライド)ホームページ
MOTO-EXRIDE online shop/モトエクスライド オンラインショップ